Lenny Kravitz(レニー・クラヴィッツ)はロック、ファンク、ポップなどジャンルにとらわれない幅広い音楽性で数々のヒット曲を生み出してきたアメリカ出身のミュージシャン。

 

ジミ・ヘンドリックスやプリンスなどのブラックミュージックだけでなく、ジョン・レノンの影響も受けていたことから『黒いジョン・レノン』とも呼ばれていました。

 

『黒い…』なんて言葉は差別的な言い方になっちゃうので今はそんな呼ばれ方はしないと思いますけど…。

 

 

 

レニー・クラヴィッツはボーカルとギターだけでなくベースやドラム、キーボードなどの以外にも、グロッケンシュピール、カリンバなど、色んな楽器を演奏できるマルチプレイヤーとしても有名。

 

『グロッケンシュピール』っていうのは子供のころ音楽の授業で使った鉄琴のような楽器。『カリンバ』は小型のオルゴールみたいな見た目で、両手に持って親指で弾いたり撫でるようにして弾く楽器です。

 

音楽に詳しくないと聴いたことも無いような楽器まで使いこなす、多才でクリエイティブなミュージシャン。

 

さらには世界で最も権威のある音楽賞の一つであるグラミー賞において、1999年から2002年の4年連続で最優秀男性ロックボーカルパフォーマンス賞も獲得。ボーカリストとしても名実ともにスゴイ人なんです。

 

 

 

1993年にリリースされイギリスで1位、アメリカで12位を記録。レニー・クラヴィッツの人気を不動のものにした3rdアルバム「Are You Gonna Go My Way(自由への疾走)」。

 

イカしたギターリフのタイトルチューン「自由への疾走」がたぶんファンの間では一番人気なんだろうけど、ワタシ的にはサイケで美しい世界観のバラード「ビリーヴ」がこのアルバムのハイライト。

 

神々しさの中に安らぎを感じるような、目を閉じて身をゆだねているとそのまま召されてしまいそうなほど高揚感のあるコーラスパートは控えめに言って至福。

 

ただ、『神の子』『永遠の祝福を与える』『神を信じることだ』的なワードが出てくる、ちょっと宗教的な歌詞は好みが別れるところかもしれないですね…。

 

YouTube【Lenny Kravitz - Believe】

 

 

Songwriter(s) - Lenny Kravitz, Henry Hirsch

I am you and you are me
Why's that such a mystery?
If you want it you got to believe
Who are we? We're who we are
Riding on this great big star
We've got to stand up if we're gonna be free, yeah
If you want it you got it
You just got to believe
Believe in yourself
Cause it's all just a game
We just want to be loved
The Son of God is in our face
Offering us eternal grace
If you want it you've got to believe
Cause being free is a state of mind
We'll one day leave this all behind
Just put your faith in God and one day you'll see it
If you want it you got it
You just got to believe
Believe in yourself
Cause it's all just a game
We just want to be loved
The future's in our present hands
Let's reach right in
Let's understand
If you want it you've got to believe, yeah
If you want it you got it
You just got to believe
Believe in yourself yeah
Cause it's all just a game
We just want to be loved
俺はおまえで、おまえは俺
なぜそんなことを不思議に思うんだ?
おまえが望むのなら信じるんだ
俺たちは誰だ? 俺たちは俺たちだ
このバカでかい星に乗っているのさ
自由になりたければ立ち上がるんだ
欲しいと思うのなら手に入れろ
おまえは信じるべきなのさ
自分自身を
どうせ全てはゲームだから
俺たちはただ愛されたいだけなんだ
神の御子は俺たちの中にいて
永遠の恵みをもたらしてくれる
おまえが望むのなら信じるんだ
自由は心の中にある
俺たちはいつかすべてを残して行くだろう
神への信仰があればいずれおまえにもわかるはずさ
欲しいと思うのなら手に入れろ
おまえは信じるべきなのさ
自分自身を
どうせ全てはゲームだから
俺たちはただ愛されたいだけなんだ
未来は俺たちの手の中にある
すぐに手を伸ばし
理解しよう
おまえが望むのなら信じるんだ
欲しいと思うのなら手に入れろ
おまえは信じるべきなのさ
自分自身を
どうせ全てはゲームだから
俺たちはただ愛されたいだけなんだ

 

 


 

まだワタシが高校生だった1993年。

 

朝起きて眠い目をこすりながら朝ゴハンを食べている午前7時ころに放送されていた日産『ラルゴ』のCM。

 

そのCMでゆっくりと優雅に走る車に合わせて流れる「ビリーヴ」を初めて耳にしたときは、あまりの美しさに心を奪われて学校に行く気が失せてしまいました…。

 

そうは言ってもちゃんと学校には行きましたけど、まったく授業には集中できず放課後すぐにレンタルショップへ直行。

 

家に帰ってCDをセット。さっそく2曲目のビリーヴまでスキップして再生ボタンをON。

 

そしてスピーカーから流れてきたのはCMで虜にされたメロディ・・・

 

からは全然イメージできないような、ほわほわしたミステリアスなイントロ。

 

 

(あれ?)

 

Aメロに入ってからも中期ビートルズに似たようなサイケデリックな雰囲気は変わらずで呪術的で独特な曲調だし、ボーカルはフワフワしたエフェクトが強めにかかってる。

 

(こんな曲だったっけ?)

 

この時点で完全に曲名を間違えたと思ってかなりガッカリしてました。

 

だけど・・・

 

コーラスパートに入った瞬間、サイケな雰囲気から一転して聴こえてきたのは紛れもなくあのCMの美しいメロディ。

 

いったん諦めてたので感動もひとしおでした(笑)

 

そんな感じでAメロとコーラスで印象が180°変わる曲なのでドライブデートで彼女さんに聴かせる時は、

 

『違う曲にしていい?』

 

って言われたとしても気合でコーラスパートまで聴かせ続けましょう…。

 

 

おすすめ記事