①レーベルを倒産に追い込んだアルバム「Loveless」

アイルランド出身のマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(マイブラ)は1990年代の初めにブームになったシューゲイザーを象徴するバンド。彼らの2ndアルバム「Loveless(ラヴレス)」は、ディストーションが効きまくったサイケデリックなギターの音世界に中毒者が続出し、シューゲイザーを世界に認知させるきっかけになったギターノイズの大傑作アルバムです。

当時マイブラが所属していたのはクリエイション・レコーズというインディーズレーベル。あのオアシスを見出したアラン・マッギーが創設したレーベルです。そのアラン・マッギーのもとでマイブラがラヴレスを制作するために費やした期間は2年半。1991年に無事リリースされたけど…チャートの最高位は24位止まり。

製作費には当時の金額でおよそ25万ポンド(4500万円)もかけてしまったためにクリエイション・レコーズを倒産に追い込むきっかけになったのは有名な話ですね。

 

 

ラヴレスは多くのフォロワーバンドを生み出したシューゲイザーアルバムの金字塔なのでもちろんノイジーな名曲が目白押し。その中でも特に私がヘビロテしている曲が「Sometimes(サムタイムズ)」です。

抑揚はなく、サビもない。聴こえてくるのはただひたすらに穏やかで夢見心地なギターのノイズと、陶酔感のある囁くようなケヴィン・シールズのボーカル。

まるで、果てしなく広い、見渡す限り水平線しか見えないノイズの海でゆったりと漂い続けているようなバーチャルな感覚に導いてくれるシューゲイザーバラードの名曲です。

 

↓Youtube【sometimes】

 

 

スポンサーリンク

②歌詞を和訳してみた

↓Songwriter - Kevin Shields

Close my eyes
Feel me now
I don't know how you could not love me now
You will know, with her feet down to the ground
Over there, and I want true love to grow
You can't hide, oh no, from the way I feel
Turn my head
Into sound
I don't know when I lay down on the ground
You will find the way it hurts to love
Never cared, and the world turned hearts to love
We will see, oh now, in a day or two
You will wait
See me go
I don't care, when you're head turned all along
You will wait, when I turn my eyes around
Overhead when I hold you next to me
Overhead, to know the way I see
Close my eyes
Feel me now
I don't know, maybe you could not hurt me now
Here alone, when I feel down too
Over there, when I await true love for you
You can hide, oh now, the way I do
You can see, oh now, oh the way I do
目を閉じて
心の奥で僕を感じる
今キミがどうして僕を愛せなかったのか僕にはよくわからない
キミは知るだろう 彼女の心が動じないことを
あの場所で 僕は真実の愛を育みたいんだ
隠れられないよ キミを想う僕の気持ちからは
音で満たされた空間に
意識を向ける
いつの間に地面に横たわったのか僕にはわからない
キミは見つけるだろう 愛を傷つける方法を
全然気にもしなかったけど 世界は多くの心を愛に変えていった
いずれわかるさ 今日か明日くらいにはね
キミは待つだろう
僕が去っていくのを見ててくれ
気にはしないさ キミがずっとめまいを感じていてもね
キミは待つだろう 僕が目を背けている時も
空高く僕がキミを隣に抱きしめている時も
僕にはどう見えているかを知るために
目を閉じて
意識の奥で僕を感じる
わからないけど、たぶんキミは僕を傷つけられない
ここに独りきりなんだ、僕も同じように落ち込んでいる時は
あの場所で、キミへの本当の愛を待っている時も
キミは隠れられる、ああ今、僕がそうするみたいに
キミは見ることができるのさ、ああ今、僕がそうするみたいにね

 

ノイジーな浮遊感に良く馴染む、抽象的で儚げな歌詞。だけどアルバム購入当時は歌詞の内容が全然わからなかった…。

なぜなら購入した輸入盤には歌詞の記載は一切なし。根性入れてヒアリングで聴きとろうと思ってみても、帰国子女でもなんでもない私がこの消え入りそうなほど脱力したボーカルからは何を言ってるか判断できるわけないですからね😭

 

 

③マイブラ的ノイズに挑んだ異色作!

以前ブログに書いたこともある好きなバンド『Jellyfish(ジェリーフィッシュ)』と『Silver Sun(シルヴァーサン)』。

 

『マイブラ的ノイズに挑んだ異色作!』とライナーノーツで解説されていた、ジェリーフィッシュの2ndアルバム収録曲「All Is Forgiven(優しく許して)」が私の好みど真ん中だったことがマイブラに興味を持ち始めた最初のきっかけ。

そしてそれから数年後、今度はシルヴァーサンのシングル「Too Much, Too Little, Too Late」を購入。そのカップリングにマイブラが1988年にリリースした「You Made Me Realize」をシルヴァーサンがカバーしたものが収録されていました。

カバーではあるけれど、それがマイブラの曲を初めて耳にした瞬間。

 

このカバーバージョンの You Made Me Realize を聴いたことでマイブラに対する興味がどんどん湧いてきて、大学入学で東京に住み始めたタイミングでついにラヴレスを購入!

マイブラに興味を持った時、すぐに地元でアルバムを探したことは探したんですよ。だけど地方にあるCDショップではマイブラのような当時の日本でそれほどメジャーじゃないシューゲイザー系は輸入盤すら手に入れることは難しかった。

まあ、なにがなんでも聴きたかったら店舗に取り寄せてもらうって方法もあったはずなんですけどね😅

 

 

④歪んでるのに心地いい不思議な感覚…

ラヴレスを初めて聴いた時は衝撃でした。

よく聴き取れないのになぜか甘美なボーカル。ギターの音はノイジーで歪みまくってるんだけど不思議と無性に心地いい。

 

だけどマイブラの特徴は歪みまくったギターと、人によっては雑音にも聞こえてしまいそうなほどのノイズ。なのでミュージシャンや評論家だったり、シューゲイザー系のジャンルが好きな人から評価は高いけどいわゆる売れ線ではないだろうし、一般受けはあまりしないかも。

ラヴレス収録曲でも、キャッチーなのは強いてあげれば5曲目の「When You Sleep」と、10曲目の「What You Want」くらい。

個人的にはあとの曲はメロディを楽しむというよりも、ただ波のように押し寄せるノイズと脱力したボーカルに身をゆだねるといった感じなので、この手のジャンルに興味が無い人が聴いても『なんだこれ?どこがいいの?😑』状態でしょうね…。

マイブラのサウンドは控えめに言ってもクセ強ですけど、ただノイジーなわけじゃない。バックに流れるメロディは本質的にはドリーミーで幻想的なので、その雰囲気が好きだった私はちゃんとマイブラにハマれました(笑)

 

↓Youtube【when you sleep】

 

↓Youtube【what you want】

 

 

⑤22年もの時を経てリリースされた3rd

こんなに先進的なシューゲイザーのマスターピースを作りあげたにもかかわらず、2ndアルバムのラヴレス以降は曲が書けなくなるという不幸にも見舞われてやっと出た3rdアルバムはなんとラヴレスから22年後の2013年!

でもなにがスゴイって、ラヴレスから22年新作が出なくても待ちつづけた根強いファンが世界中にいたってことなんですよ。

1stと2ndのたった2枚のアルバムでシューゲイザーの伝説になったマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン。

この一見オシャレなバンド名は1981年のカナダ映画(殺人鬼が若者をどんどん殺していくというストーリーで、マイブラの曲調とは全く関係ない)から拝借してるらしいです。

映画の内容はいったん置いといて…言葉の響きだけならシューゲイザーのレジェンドバンドにふさわしい、センスを感じるカッコいいバンド名だと思いません?

 

おすすめ記事